FC2ブログ

野州狛犬見聞録

出会った狛犬達の記録。時々御朱印

 > 下野市

金井神社

鎮座地:下野市小金井御祭神:磐裂神・根裂神配 神:火産霊・誉田別命・稲倉魂命・猿田彦命・木之花咲耶姫命・菅原道真公・神倭磐余彦命・伊耶那岐命・伊耶那美命・国之常立命境内社:稲荷神社・雷電神社・天満宮・交通安全神社創建不詳。宝暦4年(1754)に現在地に遷座。明治2年(1869)に社殿を再建し、明治5年に金井神社と改称。昭和17年に社殿を改築している。当初、虚空蔵宮と称していたが、宝暦4年の遷宮に伴い北辰社と改称...

... 続きを読む

星宮神社

鎮座地:下野市下古山御祭神:磐裂神・根裂神配  神:経津主神境内社:八坂神社・大杉神社・千勝神社・トトロ神社・不明社多数社伝が備わっていたが明治25年(1894)12月の火災により焼失。そのため創立や由緒等が不詳となってしまったが、大同2年(807)に勧請されたと言われている。 鳥居・拝殿の注連縄は全てへび注連縄。なぜ「へび」なのかは伝わっていないが、対応してくれた方が仰るには、「宮司の考えですが、周り...

... 続きを読む

孝謙天皇神社

鎮座地:下野市上大領御祭神:孝謙天皇配  神:御篠・御笹(元女官)境内社:神明大神・八坂大神・稲荷大神・八幡大神・村上社・石塔多数創建は不明。孝謙天皇の舎利塔を御神体としている事から、天皇が崩御された神護景雲4年(770)であるから1246年も昔のことである。同年4月に道鏡が下野国薬師寺別当として下向させられ、天皇に仕えていた高級女官の御篠・御笹も配流されてきた。この時に天皇の遺骨を分骨させてもらい、...

... 続きを読む

仁良川愛宕神社

鎮座地:下野市仁良川御祭神:火之火具土命境内社:数社(社名不明)延喜年間(901~923)、和田庄司房臣の創建と伝わる。仁和年間(1166~1169)に小山政光、建久年間(1190~99)に結城朝光、正応年間(1288~1293)に坪山重広が崇敬し、慶長年間(1596~1516)には佐竹氏の飛び地となり近くに陣屋が設けられ、佐竹義宣からも篤く崇敬された。拝殿の木鼻狛犬。注意していないと見落としてしまうかも。神社の周りは新興住宅地とな...

... 続きを読む

薬師寺八幡宮

鎮座地:下野市薬師寺御祭神:誉田別命・息長帯姫命・玉依姫命境内社:八坂神社・千勝神社・五條天満宮・稲荷大明神・祖霊社・金精様・猿田彦神社貞観17年(875)東北守護の大神として京の石清水八幡宮の分霊を勧請し創建したのがはじまりと伝わる。また、下野薬師寺の鎮守神として、天平勝宝元年(749)に九州の宇佐八幡宮の分霊を勧請し創建したとも伝わっている。天喜4年(1056)には、源頼義が奥州に安部氏討伐に向かうとき...

... 続きを読む