FC2ブログ

野州狛犬見聞録

出会った狛犬達の記録。時々御朱印

 > 那珂川町

静神社

鎮座地:那珂川町馬頭御祭神:誉田別命・天力男命・須佐之男命創建不詳。案内板によると、大同年間(806~809)に誉田別命を祭神として字若宮に祀られていたとある。古くから馬頭村の鎮守として鎮座していた。天正年中に馬頭村鎮守の八幡宮だったことはわかっているが、元禄年間(1688~1704)水戸藩藩主徳川光圀の寺社改革により天手力男命を合祀し、愛宕山に遷座し静神社と改称させる。所謂「八幡潰し」である。宝永2年(1705)...

... 続きを読む

Re: No title * by 多楽
ピックルさん

ご訪問ありがとうございます。

> 静神社は常陸国二宮でもあるので、鹿島神宮を参拝したついでに訪れようかと思っていた神社です。

この神社は栃木県那珂川町鎮座なので、常陸国二宮の静神社ではありません(^_^;
徳川光圀の寺社改革の一環で、水戸藩領内の八幡宮のほとんどが取りつぶしとなり(八幡潰し)、社名を「鹿島」「静」「吉田」のいずれかに改称するように命令しており、この静神社のある地域も水戸藩領であったため、八幡宮を廃し静神社と改称したものです。
なので、常陸国二宮静神社から名前を取ったと思われますが、那珂川町の静神社は別な神社です。

これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

No title * by ピックル
静神社は常陸国二宮でもあるので、鹿島神宮を参拝したついでに訪れようかと思っていた神社です。

参拝前の勉強になりました。

小川温泉神社

鎮座地:那珂川町小川御祭神:大己貴命・少彦名命境内社:八坂神社・顕安夢殿?創建は不詳だが、社伝によると古くは尾川大明神と称していた。天治2年(1125)藤原貞信が八溝山の賊徒平定を祈願しそれを平定した。翌大治元年(1126)に社殿を増築したと伝わる。建久3年(1193)、源頼朝が那須野巻狩の折り、那須資光(光資)が本社に祈誓。その時温泉神社と改めた。境内社か?詳細不明。「夢殿」からして聖徳太子に関係あるのか?...

... 続きを読む

三和神社

鎮座地:那珂川町三輪御祭神:大物主命配  神:火産霊神・木花開耶姫命境内社:稲荷神社・八雲神社延喜式内社。推古天皇12年(604)、大和国三諸山(三輪山)の大神神社を勧請したのがはじまりと伝わる。案内板には「始め毛野国三輪山と称する三ツ又の槻木(ケヤキ)の大木を御神体として祀り芽の輪を捧げて奉祠する」とある。和銅6年(763)に初めて神殿を建立。長治2年(1105)須藤権守貞信が、八溝山の賊徒討伐に際し戦勝...

... 続きを読む

健武山神社

鎮座地:那珂川町健武御祭神:日本武尊・金山彦命境内社:数社あるも未確認延喜式内社。大同元年(806)に創建と伝わる。この地は「那須のゆりがね」として和歌にも詠われ都まで名が知られていた。この地名の「建武」は名部の「武部(たけるべ)」から来ていると思われ、このあたりに日本武尊が軍勢を率いて駐屯していたと思われる。金山彦命は、続日本後紀に「承和二年 下野国武茂神に従五位を授け比神採砂金の 山に座すとみえる...

... 続きを読む

鷲子山上神社

鎮座地:栃木県那須郡那珂川町矢又・茨城県常陸大宮市鷲子御祭神:天日鷲命配  神:大己貴命・少彦名命境内社:鷲子山本宮神社・奥山稲荷神社・大黒社・羽黒社・大國神社・三本杉神社・田の神の社・火の神の社(おかま様)・疱瘡神の社・大山祇神社・米丸山神社・天満宮・三社(風神社・古峯社・雷神社)栃木県と茨城県に跨がる全国でも珍しい神社である。両県から文化財の指定を受けている。大同2年(807)大蔵坊宝珠上人が諸国...

... 続きを読む