FC2ブログ

野州狛犬見聞録

出会った狛犬達の記録。時々御朱印

 >  栃木県 >  足利市 >  樺崎八幡宮

樺崎八幡宮

樺崎八幡宮

鎮座地:足利市樺崎町
御祭神:誉田別命・源義兼
境内社:天満宮

源姓足利氏2代目足利義兼が文治5年(1189)奥州合戦の戦勝を祈願して土地を寄進し、伊豆走湯山の理真朗安を開山として樺崎寺を創建したと伝わる。正治元年(1199)義兼は生入寂。子の義氏はこの地に八幡神を勧請し、足利義兼の御霊と合祀し、これが樺崎八幡宮のはじまりである。足利氏氏寺の鑁阿寺の奥の院・足利氏廟所となっていたが足利氏の没落により衰退。江戸時代は喜連川足利氏の庇護を受けるが、経済的に維持が難しく荒廃していき、明治維新の神仏分離令により、法界寺は廃寺となり堂宇は破棄され、八幡宮だけが残ることになった。現在の本殿は天和年間(1681~84)に再建されたものである。

樺崎八幡宮本殿
霞んでしまった。

足利氏御廟跡
足利氏御廟跡


平成13年に国指定史跡に指定。発掘調査や園池等の復元作業が行われている。本殿の下に足利義兼の墓標がある。室町幕府を開いた足利氏の原点である。これからの調査結果が楽しみだ。


→ 御朱印

スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可する