FC2ブログ

野州狛犬見聞録

出会った狛犬達の記録。時々御朱印

 >  栃木県 >  小山市 >  網戸神社

網戸神社

網戸神社

鎮座地:小山市網戸
御祭神:田心姫命
配  神:大山祇命・天児屋根命・木花開耶姫命
境内社:八坂神社・権兵衛稲荷神社・水神社・天満宮・千形神社・三峯神社・皇宮神社・熊野神社

創建年不詳。大同元年(806)10月28日再建と伝わる。天慶2年(939)、藤原秀郷は平将門追討に際して、戦勝祈願をして金百貫文を奉納。文治3年(1187)源頼朝は小山政光の妻、寒川尼を地頭職に任じ、所領を寄進した。以来歴代の網戸城主の崇敬は篤かったが、寛政年間(1789~1801)、文政年間(1818~30)にかけて社格問題その他で曲折を経たが、古河藩の治世下においては篤志家が神職を輔翼して、当社を維持した。大正3年(1914)5月20日、田川河川改修工事の一環として、本宿(現鎮座地より約200m南側)から旧城内の現在地へ遷宮した。

網戸神社狛犬1
網戸神社狛犬2

網戸神社狛犬3

網戸神社拝殿

網戸神社旧社号標
旧社号標「下野国十一座」「延喜式内胸形神社」とある。

寒川尼の墓
寒川尼と網戸朝村公の墓所


網戸城跡に鎮座。寒川尼や網戸朝村の墓もある。寒川尼は八田宗綱の娘(宇都宮朝綱の娘との説もあり)であり、小山氏初代小山政光の妻であり、源頼朝の乳母であり、寒川郷の女地頭である。某女城主など何するものぞ。

境内の旧社号標は江戸時代の社格問題の名残か。与良川を挟んでほぼ真西に式内社胸形神社が鎮座。ここと争って破れたのであろう。境内の隅に社号標が残っているのは、負けても当社が式内社と信じている先人達の誇りや意地であろうか。



→ 延喜式内社

スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する