FC2ブログ

野州狛犬見聞録

出会った狛犬達の記録。時々御朱印

 >  栃木県 >  茂木町 >  八雲神社

八雲神社

八雲神社

鎮座地:茂木町大字茂木
御祭神:素戔嗚尊
配 神:櫛稲田姫命・大国主命
相 殿:八幡宮大神・稲倉魂命・大光霊神(細川興元公御霊)
境内社:青麻神社・琴平神社・菅原神社

建久3年(1192)に創祠され、茂木保藤縄村・槻木村両村の総社として祀られてきた。寛政3年(1791)に領主細川氏の上意により本殿・拝殿・大鳥居の新築が現在地で行われ遷宮される。明治に入り八幡宮が合祀され。昭和19年(1944)に初代藩主細川興元公を祀っていた大光神社を合祀した。

また別な伝承が残っている。藤縄村の百姓清平衛が川岸で肥柄杓を洗っていると、なにやら流れてきたものがあった。それを肥柄杓でたぐり寄せると何とも神々しく感じられ、大切に拾い上げ川際の丘に大切に祀った。そうすると当時流行していた疫病がおさまり、農作物の害虫の被害も少なく豊作に恵まれたという。それ以来この祠を祀るようになり、これが茂木八雲神社のはじまりとされている。

八雲神社・狛犬

八雲神社・木鼻狛犬
上:境内社菅原神社。左下:本殿。右下:境内社青麻神社



国道沿いにそびえる大鳥居。両部鳥居だが、よく見てみると島木の上に笠木が二重になっている越前鳥居である。
それもなかなかの反り具合。自分の記憶ではこの周辺では見かけない鳥居である。
細川本家の御子孫である元首相の細川護煕氏も訪れた事がある。



→ 御朱印

スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可する