FC2ブログ

野州狛犬見聞録

出会った狛犬達の記録。時々御朱印

 >  栃木県 >  大田原市 >  大宮温泉神社

大宮温泉神社

大宮温泉神社・拝殿

鎮座地:大田原市中野内
御祭神:大己貴命・少彦名命・市磯長尾市命
配 神:名城入姫命・高日子根命・大山祇命・別雷命・木花開耶姫命・稲倉魂命・素盞鳴命・高龗命・伊弉冉尊・訶遇槌命・火霊命・大日靈命
境内社:天満宮・鎧神社・加茂神社・稲荷神社

孝謙天皇の御代(749~758)に、大己貴命・少彦名命・市磯長尾市命を高尾森(現大田原市大輪)に勧請したのがはじまりと伝わる。大同二(807)年に詔に従い高尾森に神地を賜る。大治2年(1127)8月、須藤権守貞信が高尾森東方に社殿を再築し、勧請遷座をして那須家の守護神とした。寛文8年(1668)8月、黒羽藩主大関増栄が現在の「壇山大宮」の地を神地と定め、社殿を造営して高尾森より遷座。那須温泉神社を本社として尊号を定めた。明治12年に社殿の一部が焼失してしまうが、明治15年に修築。その後、修理・改築を繰り返し現在に至る。

大宮温泉神社・狛犬1

大宮温泉神社・狛犬2

大宮温泉神社・鳥居

山の斜面に鎮座しており、県道から続く参道には鳥居が4つもある。社叢と相まって良い雰囲気を醸し出している。江戸時代後期の日本画家・小泉斐が宮司を務めた神社である。初期の那須氏の居城と言われている高舘城跡はすぐ近く。しかし、平安時代にこの山城が存在したのだろうか。

スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可する