FC2ブログ

野州狛犬見聞録

出会った狛犬達の記録。時々御朱印

 >  茨城県 >  日立市 >  神峰神社(里宮)(茨城県日立市)

神峰神社(里宮)(茨城県日立市)

神峰神社(里宮)

鎮座地:日立市宮田町
御祭神:伊邪那岐命・伊邪那美命・熊野櫲樟日命
境内社:愛宕神社・稲荷神社・春日神社・香取神社・薩都神社・山神社・白山神社・津島神社・大杉神社

創建年不詳だが、正長元年(1428)に宮田村の鎮守として神峯山山頂に遷座し祀られたと伝わる。天文23年(1554)山の中腹にある鬼ヶ洗水に遷座となったが、場所が悪かったせいか疫病が流行り、元禄元年(1688)に再び山頂に遷座し、稲荷森(現神峰神社)に遙拝殿を造営。このように神が鎮まった山なので「神峯山」と呼ぶようになった。元禄8年(1695)には徳川光圀の命により、宮田・助川・会瀬村の総鎮守となる。昭和20年に戦災により焼失するも、昭和35年に氏子の方々の支援により再建する。平成2年に遙拝殿の老朽化と御大展により改築。この時神峯山本殿の御霊を分霊し里宮となる。神峯山山頂に鎮座しているのが奥の宮の神峯山神社(山宮)である。
なお「日立」の名称だが、徳川光圀が神峯山山頂に登り、海から昇る朝陽の美しさに「日の立ち昇るところ領内一」と称えた故事が由来となっている。

神峰神社・狛犬2

神峰神社・狛犬1

神峰神社・拝殿

神峰神社・獅子
参道の獅子


国道6号線から里宮一の鳥居が見える。かみね遊園地・動物園や市立郷土館を目指せばたどり着けるであろう。神峯山神社(山宮)は里宮から約6~7km西の神峯山に鎮座しているが、県道36号線を挟んで賀毘禮の高峯と向かい合っている。なんと神秘的な光景であろう。


→ 御朱印

スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する