FC2ブログ

野州狛犬見聞録

出会った狛犬達の記録。時々御朱印

 >  栃木県 >  野木町 >  野木神社

野木神社

野木神社

鎮座地:野木町大字野木
御祭神:菟道稚郎子命
右殿:息長帯比売命・誉田別命
左殿:田心比売命・瑞津比売命・市杵嶋比売命
境内社:合祀社(稲荷神社・天満宮・星宮神社・猿田彦神社)・王子稲荷神社

仁徳天皇の御代に奈良別命が下野国に赴任したとき、莬道稚郎子命の遺骨を奉じて下野国笠懸台手函に祀ったのが始まりと伝わる。延暦21年(8002)坂上田村麻呂が蝦夷討伐の帰途、戦勝の報賽として現在地に社殿を造営し遷座した。鎌倉時代に入ると源頼朝が社領を寄進し、源実朝が神馬を奉納するなど源氏や鎌倉幕府から篤く信仰されていた。元寇の際には北条時宗より戦勝祈願の命を受け、相殿に誉田別命、息長比売命・宗像三女神を奉斎した。当社は寒川郡7郷の鎮守とされ、江戸時代には古河藩主土井氏の崇敬を受け、古河藩の鎮守・祈願所とされた。文化3年(1806)に火災により社殿は焼失してしまうが、当時の藩主土井利厚が領民の協力を得て現在の社殿を再建した。明治に陸軍大将乃木希典が姓が同じ呼び方であることから当社を篤く敬い、たびたび参拝に訪れ愛用の軍刀を奉納している。

野木神社・狛犬

野木神社・本殿
本殿:もう少しズームで撮るべきであった。

野木神社・ふくろう
フクロウがいっぱい♪

寿永2年(諸説あり)に源頼朝と叔父の志田義広が戦った野木宮合戦の地である。頼朝が勝利したのだが、当社の祭神が応神天皇の皇子であることから、頼朝も特別な思い入れがあったのであろうか。また境内にフクロウが営巣することで有名である。ちなみに野木町の町鳥は「ふくろう」である。当社で見たことはないが一度見てみたい。まぁ私の自宅周りにもフクロウはいるのだが。

→ 御朱印

 
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する