FC2ブログ

野州狛犬見聞録

出会った狛犬達の記録。時々御朱印

 >  栃木県 >  益子町 >  日枝神社

日枝神社

日枝神社

鎮座地:益子町大字七井字山王
御祭神:天太玉命
配 神:奥津彦命・奥津姫命・大己貴命
境内社:稲荷神社・加茂神社・二荒神社・日月神社・滝神社・八雲神社・高龗神社

神護景雲2年(768)創建と伝わる。長久元年(1040)正月矢嶋城主七井頼治により再建される。久寿2年(1155)室神社・日枝神社を合祀し太玉三王神社と改称。三王と山王の音が同じ事から山王権現とも称していた。健保4年(1216)8月に岩松新六郎綱持が本社を再建。永禄2年(1559)5月朔日、益子勝宗・勝忠父子により矢嶋城が攻められ、その時に社殿が焼失してしまう。享保4年(1719)再建されそれが現在の社殿であり、本殿は町指定文化財となっている。江戸時代には徳川家光より社領7石の寄進があり、以後も将軍より朱印地を下賜された。社伝はこのとおりだが誤りがある。「岩松新六郎綱持」なる人物は存在しない。「新六郎綱持」なる人物は「七井綱持」の事であり、「岩松」とは後に神官となる岩松氏のことだが、この時期ははまだこの地に来ていない。岩松氏が当地に来るのは南北朝時代の頃である。

日枝神社・狛犬

境内社は稲荷神社・加茂神社・二荒神社しか表記がないため、どれがどの社かは不明。一の鳥居脇の八雲神社は同じ七井地内に鎮座していたが、近年の区画整理で遷座してきたものである。元の集落内に戻す予定ではいるらしい。また、「七井」の地名の由来となった井戸(泉)が境内の7社それぞれに湧いていたと伝わるが現在それは確認出来ない。しかし、七井地内には7つの「井戸(泉)」があり、その大半は水が涸れることなく湧いている。


スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可する