FC2ブログ

野州狛犬見聞録

出会った狛犬達の記録。時々御朱印

 >  栃木県 >  那須烏山市 >  三箇神社

三箇神社

三箇神社

鎮座地:那須烏山市三箇
御祭神:火産霊命
配  神:大己貴命・大山祇命・稲倉魂命・豊受姫命・天神七代・地神五代・誉田別命・大物主命・大日孁貴命・磐裂神・根裂神・別雷神

明治7年に入野江村・塙村・戸田村が合併し三箇村となり、大正3年に塙村の愛宕神社(文政12年1829創立)と戸田村の三嶋神社(天明6年1786創立)、入江野村の温泉神社(創建不詳)を合併し、天正4年に三箇神社となり、愛宕神社の祭神が主祭神となった。平成14年10月1日、台風21号による強風で境内の大木11本が倒伏し、本殿が被害を受ける。これを機に社殿の新築がはじまり、平成15年7月に地鎮祭を行い、同年9月に上棟式、平成16年に遷座祭が執り行われ、現在の社殿が竣工された。同じ頃に大鳥居の寄進があったが、東日本大震災で倒壊。現在は再建されている。

三箇神社・狛犬


境内の平成16年の「三箇神社建築記念」碑には、祭神が「火産霊命・大山祇命・大己貴命」となっている。 大正3年の合併時にそれぞれの祭神を配したのであろう。多数の神を配神としているが、これは一村一社で統合された神社の祭神であろう。
また、入江野・塙・戸田には荒川を挟んで中世城館跡がある。那須氏と宇都宮氏(喜連川塩谷氏)との領地境も近く、どのような攻防があったのか興味深い地である。

 
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する