FC2ブログ

野州狛犬見聞録

出会った狛犬達の記録。時々御朱印

 >  栃木県 >  壬生町 >  雄琴神社

雄琴神社

雄琴神社

鎮座地:壬生町通町
御祭神:天照大御神・天武天皇・舎人親王・小槻今雄・壬生町出身の靖国分霊(794柱)
境内社:稲荷神社・琴平神社・産霊神社・厳島神社・山神社 他数社

寛治5年(1091)に鎮守府将軍清原武則の子孫保定が、天照大御神・天武天皇、先祖の一品舎人親王を奉神し創建したのが始まりと伝わり、創建当初は「藤森神社」と称していた。文明元年(1469)、宇都宮家中壬生氏の祖壬生胤業が城を築くとき、先祖の小槻今雄を江州雄琴神社より分霊し合祀。社殿を建て替え「雄琴大明神」と改称し、維新に際して「雄琴神社」と改めた。

雄琴神社・狛犬

雄琴神社・境内社狛犬
境内社の狛犬

雄琴神社・拝殿・随神門
上:拝殿。下:随神門。狛犬がいっぱい。


壬生町の中心地に鎮座しているが、静かな雰囲気の神社である。壬生氏の氏神様であり、それだけでも歴史
を感じられる。随神門の重厚さがなんとも言えない。
銅製鳥居(県指定文化財)に根付狛犬がそれぞれ4体計8体いるが、どうやら撮影し忘れたらしい。



→ 御朱印

スポンサーサイト

コメント






管理者にだけ表示を許可する