FC2ブログ

野州狛犬見聞録

出会った狛犬達の記録。時々御朱印

 >  栃木県 >  真岡市 >  大前神社

大前神社

大前神社

鎮座地:真岡市東郷
御祭神:大己貴命・事代主命
配  神:天祖大神・皇祖大神・八百萬神
境内社:稲荷神社・子安神社・二宮神社・琴平神社・稲荷神社・雷神社・大物主大国魂神社・皇大神宮・姫神神社・荒樫神社・大杉神社・天満宮・荒神社・淡島神社・稲荷神社・明眼神社・足尾山神社

延喜式内社下野国十一社の一座。創建は不明だが、神護景雲元年(767)に社殿再建の記録が残る。天慶2年(939)には平将門が戦勝祈願を執り行っている。その後、清党芳賀氏が社領守護職を兼ねていた。観応2年(1351)に芳賀高名が太刀を、天正16年(1588)には芳賀高継が平家物語を寄進している。また芳賀高継は天正15年(1587)に御本殿を再建している。

大前神社・狛犬

大前神社・拝殿・本殿
上:拝殿。下:本殿。どちらも色鮮やかで見事な彫刻である。

大前恵比寿神社・境内社
上:大前恵比寿神社の日本一の恵比寿様。
下:境内社の姫神神社・荒橿神社。


芳賀地区では一番の規模を誇る神社であり、「大前さん」で親しまれている。境内社の「大前恵比寿神社」には、日本一の恵比寿様がおわす(写真)。「勤行川」だが、もっと上流で「弘法大師が勤行を行ったことに由来する。」と聞いたことあるような気がする。また、延喜式内社の「荒橿神社」は当社境内社の荒橿神社であると社記等に伝わっているとある。下野国誌にも「大前神社の相殿として祀られている」とある。真相や如何に。


→ 御朱印

→ 延喜式内社

 


スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する