FC2ブログ

野州狛犬見聞録

出会った狛犬達の記録。時々御朱印

 >  栃木県 >  栃木市 >  村檜神社

村檜神社

村檜神社

鎮座地:栃木市岩舟町小野寺
御祭神:誉田別命
配  神:熊野大神・大山咋命
境内社:西宮神社・他数社(不明)

大化2年(646)の創建と伝わる。熊野大神・大山咋命の二柱を祀り、佐野庄小野寺郷の総鎮守として崇敬された。大同2年(807)に皆川村小野口の八幡宮を合祀した。また清和天皇の御代(858~76)、皆川村字八幡沢に八幡大神を勧請したが、この地が不浄のため、光孝天皇の御代(884~87)に当地に合祀した。藤原秀郷が唐沢山城を築いた際、当社が鬼門に当たることから守護神として厚く崇敬した。天慶2年(939)の平将門の乱に武勲を挙げた際、当社の御神徳の賜とし、御幣を捧げ且つ弓矢・永代銭70貫文を奉納した。現在の三間社春日造檜皮葺屋根の本殿は天文22年(1553)の建物で国の重要文化財の指定を受けている。造営には小野寺領主・唐沢山城主・足利義持が携わったと言われている。

村檜神社狛犬1
第一印象「歯が命」

村檜神社狛犬2
この狛犬相方がおらず一体のみ。相方がいたであろう場所は石灯籠。心なしか寂しげに見える。

村檜神社神門
神門。この造りは同市大平町真弓に鎮座する諏訪神社にもある。


県内では珍しい三間社春日造である。境内も清々としていて気持ちが良い。また「下野国三之宮」とあるが、「二之宮」はどこなのであろうか。


→ 延喜式内社

スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する